シラディハ水道 探索記

【6】ウルダハが負うべき罪 Ul’dah’s Sin to Bear【シラディハ水道 探索記】

棺に納められていたアマルジャの勇士が、ゾンビーと化しておるとは。

When that Amalj’aa champion burst forth from his casket, the blood nigh froze within my veins.

おそらく、ゾンビーとの戦いで受けた傷により、肉体を蝕まれたのであろう。

He must have suffered injuryduring the purge, the zombie corruption finding its way into his flesh…

人を死霊と化す禁忌の秘薬 「ゾンビパウダー」。

かつてウルダハは、自国の呪術士が作り上げたこの非道な秘薬を、シラディハとの戦争に利用した。

The Traders’ Spurn was concocted by Ul’dahn thaumaturges, and employed by the reigning sultan during our war with Sil’dih.

しかも、時の王ササガンIII世は、シラディハ側が自国民を不死の兵とするために開発したものだと虚偽を流布した上で使ったのだ。

Sasagan III even knowingly propagated the fiction that it was the Sil’dihns who devised this abhorrent alchemy in an effort to turn their own citizens into undying soldiers.

その罪を巡って、のちにササガンII世はソーン家から告発を受け、第一期ウル朝は終焉を迎えるわけだが……

An accusation from the House of Thorne saw Sasagan III later punished for his heinous acts, and thus ended the first UI Dynasty.

その嘘偽りは、今もなお通説となり根付いている。

His lies, however, would live on to become accepted history.

ウル朝の権威を保ちたい王族の意図、呪術士と強く結びついたナル・ザル教団の思惑、様々な想いが歴史を嘘で塗り固めてきた。

This deceit was upheld by a desire to preserve not only the UI Dynasty’s authority, but also the standing of the Order of Nald’thal-an institution deeply entwined with thaumaturgical practices.

自らが棲まう都が、非道な行いによって破壊された都の上に築かれたものであるという事実は、 多くのウルダハの民にとっても認めがたいのであろう。

And it can be said that few Ul’dahns would wish to accept that their home was built upon the corpse of a city so brutally slain by their forebears.

しかし、過去をふりかえらねば、正しく明日へと歩むことなどできまい。

Yet without a clear view of the past, we cannot be sure of our course for the future.

あのアマルジャ族の姿を思い出しては、ウルの名を継いだ女王として責任を感じずにはいられぬ。

The sight of that rotting Amalj’aa hero was all too stark a reminder: as a sultana of the House of UI, I bear responsibility for my ancestor’s atrocities.

イシュガルドのように、たとえ苦しむことになっても、歴史を書き戻す時が来ているので
はないだろうか。

And though we suffer for the truth, even as Ishgard did for hers, the time has come to set the records aright.

ABOUT ME
chiyo
エレゼンと装備品が大好き! 絶からSS撮影まで広く浅くFF14を楽しんでいます。

過去に公開したページも日々リニューアルしています
男性着用SS追加強化中!

更新情報はTwitterをcheck

Twitter