シラディハ水道 探索記

【7】祈りとミルラ To Learn More of Myrrh【シラディハ水道 探索記】

chiyo

シラディハ水道での一件に関して、アマルジャ族に尋ねたいことがあったのだが、彼らとの定例会議の折に、 議題として提示するわけにはいかなかった。

I wished to consult with the Amalj’aa over a certain facet of our expedition, yet I could hardly bring up the subject during one of our regular councils.

わらわがこっそりと王宮を抜け出して調査を行っていたことが露見すれば、協力してくれたあの者にも迷惑がかかってしまう。

Should it become known that the royal person had been slipping out of the palace to conduct secret investigations, then my trusted escort would be caught up in an unpleasant storm of repercussions.

Nay, I must be discrete.

それゆえ、会議を終えたあとのひととき、出席していた酋長と他愛ない「雑談」を交えることにした。

As such, I approached the Amalj’aa war chief at meeting’s end, and engaged him with the usual empty pleasantries-eventually steering the conversation to tribal custom.

ウルダハ領内において発見された棺から、ゾンビーと化したアマルジャの勇士が現れたことを説明し、その者をどう弔うのが正しいのか、アマルジャ族の流儀を知りたいのだと、教えを乞うたのだ。

I explained that the coffin of a zombie-cursed warrior had been discovered within Ul’dahn territory, and wondered at the traditional rites one might perform to send his kin’s unfortunate soul on to the afterlife.

すると酋長は、何であれ、勇士の眠りを妨げぬことが重要であると語ってくれた。

Somewhat taken aback, the war chief advised that it was of paramount importance to avoid disturbing the warrior’s undead slumber.

“Leave the coffin untouched,” he warned.

蓋を開けて、中を確かめるようなことはせず、まずは棺へ向かって祈ることが肝要であると 「猛き御霊に一礼し、黙祷を捧げて、その武勲によってもたらされた勝利を喜び、敬意をもって膝をつくべし」……これが、戦場で散った同胞に捧ぐ、弔いの手順だという。

“Stand facing the valorous spirit, and perform a single bow.

Offer your respects for a life well lived, celebrate the warrior’s greatest victory, and then kneel in a moment of reflection.

そして、最後にミルラの香を焚いてやれば、御霊は浄化されるそうだ。

“Thus did the Amal’jaa mourn comrades fallen on the field of battle, burning myrrh incense at the culmination of the ritual to guide their sanctified souls unto the everlasting flame.

こうして話を聞くたび、アマルジャ族について知るべきことはいまだ多いと痛感させられる。

In receiving his answer, I was suddenly struck by a cavalcade of questions I had never thought to ask.

彼らの文化や慣習に触れて、理解を深めていかなければな。

I felt ashamed at my ignorance, and am now resolved to learn more of this proud people’s culture.

ABOUT ME
Chiyo Asakura
Chiyo Asakura
装備品蒐集家
サイトリニューアル中のためデザインが崩れてしまっている箇所があります
記事URLをコピーしました