【12】父上と母上からの手紙 In Parchment We Trust【シラディハ水道 探索記】

chiyo

シラディハ水道で発見したのは、財宝が眠る保管庫だった。

Deep beneath Ul’dah, beyond the twisting tunnels of the Sil’dihn aqueducts, we have discovered a vault in which slumbers a precious legacy.

残されていた目録の冒頭には、「民と隣人のためにウル王家へと引き継ぐ」という宣言とともに、ソーン朝最後の王の名が記されている。

In its center, a catalog of evidence emblazoned with the words: “For coin, country, and comrades-in-arms, we bequeath this trust to the House of UI.”

続くページには歴代の王たちの名が連なり、その最後、父上の署名が記されたページには、色褪せた一通の手紙が挟まれていた。

This solemn declaration, signed by the last sultan of Thorne, was followed by several pages of florid signatures-a procession of Ul’dahn rulers which ends with the name of my own father.

And wedged there, betwixt one page and the next, a faded missive penned in his distinctive hand.

「この手紙を読む者が、愛しき娘ナナモであることを祈る」……それは、まごうことなき父上の筆跡であった。

Addressed with the hope that the reader be “our darling Nanamo,” the letter describes the purpose of the vault.

手紙には、この保管庫が王位継承者のみぞ知る場所であり、ソーン朝時代の「アマルジャ族との共闘の証」が保管されていると書かれていた。

‘Tis a place known only to the royal heirs; a secure archive wherein evidence of Ul’dah’s alliance with the Amalj’aa is preserved.

本来ならば王から王へと口伝される事柄だが、万が一の事態に備えて、手紙に遺されたのだという。

And though tradition dictated this trust be passed on by word of mouth, Father felt that, should worse come to worst, ‘twas safer to have an explanation committed to parchment.

「ナナモは、どんなレディに成長したのだろうか。女王としての道は、お前を苦しめることも多かろうが、どうかこれだけは覚えていてほしい。お前は女王である前に、私たちの大切な、自慢の娘だ。今日もお前が柔らかな桃色に頬を染め、はにかんだ愛らしい笑顔を浮かべていることを、私たちは何よりも願っている。」

“Dearest Nanamo, we wonder what manner of woman you have become.
We know the role of sultana will challenge you in myriad ways, but no matter how your rule unfolds, remember that you shall ever be our greatest achievement.
Seize what happiness you may each day, for joy is worth more than all the gil in Ul’dah.”

父上と母上の署名で、手紙は締めくくられていた。

父上、母上…… どうか、どうか、ご安心ください。

わらわは今、この瞬間を笑顔で過ごしております……。

Mother. Father. Be assured that ‘tis not sorrow which causes these tears to fall, but overwhelming pride.

Now, in this moment, I am simply happy to be your daughter.

ABOUT ME
Chiyo Asakura
Chiyo Asakura
装備品蒐集家
サイトリニューアル中のためデザインが崩れてしまっている箇所があります
記事URLをコピーしました